オルソケラトロジー
(手術不要の視力矯正治療法)についてOrthokeratology

  • HOME
  • オルソケラトロジー(手術不要の視力矯正治療法)について

手術不要の視力矯正治療法

「近視を改善したいけど、手術は抵抗がある」という方は、手術をせずに視力を矯正できる「オルソケラトロジー」をご検討ください。北九州市小倉北区にある眼科鍋島医院では、オルソケラトロジーを扱っており、数多くの患者さんにご利用いただいています。ご興味のある方は、まずは治療法や効果について詳しくご説明させいただきますので、気軽にご相談ください。無料のweb相談でも対応可能です。

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーとは

夜寝る前に角膜を平坦にする特殊なハードコンタクトレンズをつけて、就寝中に近視や乱視を矯正する治療法です。朝起きてコンタクトを外すと矯正されており、日中は眼鏡やコンタクトレンズを使用せずに裸眼のままで過ごせます。

メリット・デメリット

メリット デメリット
  • 手術が不要で近視矯正ができる
  • 日中は裸眼で過ごせる
  • レンズの装用をやめれば、角膜を元の状態に戻せる
  • 夜間のコンタクトレンズ装用が必要
  • 視力が安定するまで一定期間見え方が変動することがある
  • 夜間にまぶしかったり、にじんで見えたりすることがある
デメリット
  • 夜間のコンタクトレンズ装用が必要
  • 視力が安定するまで一定期間見え方が変動することがある
  • 夜間にまぶしかったり、にじんで見えたりすることがある

安全性について

アメリカでは30年以上前から研究・実施され、現在は世界各国でその安全性と効果が認められている治療法です。日本でも2009年に厚生労働省に承認され、10年以上の実績があります。メリットとして、レンズの装用を中止すれば角膜の形状は元に戻るため、角膜を削ってしまう外科手術と比べてリスクを抑えることができます。また夜間のみの装用なので、ほこりやゴミなどが眼に入って痛みを感じるといった不快な症状もなく、快適に使うことができます。

他の治療法との違い

レーシックとの違い

レーシックは手術を行う必要がありますが、オルソケラトロジーは手術の必要がありません。手術による合併症や後遺症などの心配もありません。また装着を中止すれば、元の状態に戻すことができます。

一般的なコンタクトレンズとの違い

一般的なコンタクトレンズは日中に装用しますが、オルソケラトロジーは就寝中に装用します。日中は裸眼で過ごすことができ、個人差はありますが週5~6回程度の装用で長時間裸眼で過ごせるようになります。

オルソケラトロジーの原理

オルソケラトロジーの原理

近視を矯正するには眼に入る光の屈折を変えることが重要です。近視の場合、光が網膜より手前で焦点を合わせるため、像がぼやけて見えます。オルソケラトロジーの専用レンズを装用することで角膜前面の形状を矯正し、光の焦点を後ろに下げ網膜上に合わせるようにします。その状態は一定時間維持されるため、昼間は裸眼のままで過ごせるようになるのです。

オルソケラトロジーの仕組み

オルソケラトロジーの専用レンズには内側に複数のカーブがあります。このレンズのカーブによって角膜の形状を徐々に変化させ、適切な屈折を得られるようにしていきます。レンズのカーブで角膜の形状をクセづけすることで、形状が一定時間維持され、日中の裸眼視力を上げることができるのです。

治療を受けるにあたっての注意

  • オルソケラトロジーの効果には個人差があります。眼や角膜の状態によっては適応できない場合があります。
  • 日常的に車やバイクなどの運転をされる方は、眼科専門医に相談し必ず指示を守ってください。
  • 破損など不具合があるレンズを装用したり、装用中にレンズが破損したりした場合は、速やかに眼科専門医の診察を受けてください。
  • 未成年については、有効性・安全性が確立していません。20歳以下の方には慎重処方となっています。
  • オルソケラトロジーは、当該治療法に関する講習会を受講し証明を受けた日本眼科学会認定の眼科専門医により行われます。

icon

〒802-0007
福岡県北九州市
小倉北区船場町4-26

小倉井筒屋新館の
駐車場入り口正面